アツミ電氣株式会社

アツミ電氣の取り組み

社会構築に貢献

アツミ電氣は、経営理念のもと、セキュリティの研究・開発・製造・販売を通してより安心な社会の構築に貢献しています。

経営理念

  1. より多くのお客さまから信頼される企業
  2. 安全・快適な暮らしを創造する企業
  3. 仕事に感謝し、自己実現を目指す企業

環境管理活動を実践

「持続可能な循環社会」が望まれる今日、アツミ電氣は「環境についての方針」を次のとおり定め、社員全員が率先して環境活動を実践しています。

環境方針

  1. 事業活動における汚染を予防すると共に、環境マネジメント(EMS)を継続的に改善します。
  2. 環境関連法規制、及び当社が同意したその他の要求事項を遵守します。
  3. 次の項目を重点に活動し、その結果を定期的にチェックし見直します。
    1. 地球環境影響を軽減するよう信頼性向上を含む環境配慮設計を行う。
    2. 地球温暖化防止のため省エネルギー・省資源に努める。
    3. 廃棄物問題に対応する為、廃棄物の削減と資源の再利用に努める。
    4. 環境意識を高め、身の回りの環境整備を向上させる。
  4. 環境教育を充実し、全員参加で取組みます。

制定 2008年10月1日
アツミ電氣株式会社 代表取締役 小田裕昭

環境への取り組み

アツミ電氣は欧州指針(RoHS)を尊重し、特定有害物質不使用に向けて取り組んでいます。

鉛・カドミウム・水銀・六価クロム・ポリ臭化ビフェニル・ポリ臭化ジフェニルエーテルといった特定有害物質を、電気及び電子機器に使用することを禁止する指針(RoHS)が2006年7月1日に施行されました。

アツミ電氣は欧州指針を尊重し、特定有害物質の含有量を規定値以下に管理すべく最新鋭の分析設備の導入を完了。欧州指針(RoHS)遵守と地球環境へのさらなる取り組みに向けて行動を開始しました。

会社概要
事業内容
沿革
アツミ電氣の取り組み

pagetop